清水てつじ事務所
高島市勝野129-3 
TEL:0740-36-2077
FAX:0740-20-5531
地図はこちら
新しいブログに変更いたしました
清水てつじのブログが新しくなりました

アドレスも変更になりましたので、
お気に入りへのご登録の変更をお願いいたします

新しいブログのアドレスは、http://shimizu-tetsuji.jp/ です。

今後とも よろしくお願いいたします。

清水てつじ
| 2014.12.22 Monday | 活動日記 |
高島市内視察
 12月も後半になり、忘年会のシーズンになってまいりました。
昨日の金曜日も大津で会議があり遅くなりましたが、忘年会帰りのグループとすれ違いました。
年末年始は、お酒を飲む機会も増えますが、部屋は暖かいですが、外に出ると大変寒いので、十分に気をつけていただければと思います。

 今日は年末近くなって参りましたので、市内の河川の視察と挨拶まわりで、あっという間に時間が過ぎました。

 

  

 一級河川鴨川橋から見た河川整備の状況です。浚渫よりも更に深く河道掘削が行われ、川幅を広げる工事をしておられます。

  

 一級河川安曇川の本庄橋の強度を高める工事の状況です。


 ギャラリー藤乃井さんで、安原加奈子先生の「ふるさとの筆と硯と共に」の書作展に寄せていただきました。高島市は、著名な書道家が多くおられ、筆は藤野雲平様、硯は粘板岩で、高島市の阿弥陀山で産出されていました高島硯があります。
 高島硯は、福井市長のお父さんで、最後の職人だった福井泰石様がお亡くなりになられ、今は継承者はおられませんが、大変貴重なものです。




 それらを使用された安原加奈子先生の奥の深いひとつひとつの作品にストーリーがあり、先生に説明していただきながら鑑賞させていただきました。

 これからも安原加奈子先生のご活躍をご期待申し上げます。

     清水 てつじ

 
| 2014.12.20 Saturday | 活動日記 |
政策・土木交通常任委員会

 今朝の新聞報道で経済対策として、政府は3.4兆円の追加補正予算をされるとのことです。

目的は、円安による原材料価格の高騰に苦しむ中小企業・小規模事業者、コメ農家に対する補助金、他に地域商品券の発行や燃料費補助などです。早急に実行していただきたい。

 

 政策・土木常任委員会が開催され、所管の予算案と条例案が全員賛成で可決をされました。

 DSC_2297

 土木交通部の報告事項として、「一級河川およびその周辺における木くず不法投棄事案の総括」については、各位委員からさまざまな意見が出ました。総括するには、「早すぎるのではないか」、「まだ終わっていない。被告人である田中が運んだ北関東地域のことも考慮すべきである。」当然、このような意見が出ても仕方がありません。

 

 私自身は、「この問題は、今の法律の放射性物質汚染対処特別措置法は、放射占領が8000Bq/圓鯆兇┐詛儡物のみ国が処理するとされており、今回の廃棄物は、放射線量がそれ以下であり、処理する方法が合法的には日本ではないということです。県は、地元の住民の意向を尊重し、現在できる精一杯の対応をされたと理解をしております。この問題は、まだ解決したわけではなく、今後も県はこの教訓を活かし、この問題については、これからも監視し続けなければならない。」と申し上げました。

 その他に、工事の入札不調については、それだけ完成予定が遅れますので、しっかりと情報をつかんで対応をしていただきたい。

 

清水 てつじ

| 2014.12.19 Friday | 活動日記 |
逆オイルショック
 年末も近づき慌しくなってまいりました。
 今朝から滋賀県内にも雪が積もり電車が遅れました。北部の公共や県民の皆さんは、積雪には慣れておられり、除雪も早くから取り組まれ生活には支障はありませんが、普段降らないところに降りますと混乱が起こります。
 特に、北海道や東北方面は、爆弾低気圧によりお亡くなりになられた方もおられ、大変な状況になっておられることにお見舞い申し上げます。
 
 オイルショックとは、第一次が1973年で、中東戦争などで原油が一挙に二倍以上になり、日本でも石油不足とスーパーではトイレットペーパーや洗剤が不足し、消費者が長い列を作り買い求められました。その後、1978年に第二次オイルショックが起こり、原油価格も30ドル台になり、日本は石油需給が逼迫しました。それ以後は、中東も政治的には常に不安定でしたが世界や日本の石油備蓄が100日を超え、石油需給が安定しました。しかし、原油価格は上昇し、2008年には147ドルまで最高値をつけました。
 常に原油価格決定は、需給バランスではなく投資目的で価格が決定されてきました。
それ以後、消費者はエコカーに乗り換えたり、企業は脱石油になり、石油の消費が減少してまいりました。
 
 今回OPECの総会により原油生産を減産しないということで、原油が大きく値下がっております。20146月は約100ドル強だったのが、201412月には50ドル台まで値下がりしました。私自身も石油業界で身をおいておりますがこのようなことは初めてです。 
円安で120円になってもそれ以上に原油価格が下がったので、石油製品のガソリンが一時170円近くが140円台に値下がりしました。
 消費者にとっては大変有り難いことですが、これにより原油で外貨を稼いでいるロシア、イラン、ベネズエラなどは経済危機になっており、世界経済にも今後大きな影響が出てくるかもしれません。憶測ですが、これもアメリカの影響があるとも言われております。
今の状況では、更に石油製品が値下がりするのではないかと予想されます。
 
清水 てつじ
| 2014.12.18 Thursday | 活動日記 |
言論の自由と教育の中立について
 今朝の京都新聞に、特定の候補者を支援することに対して、自由民主党滋賀県連が、びわこ成蹊スポーツ大学の嘉田学長に対して、「教育の政治的中立を大きく損なう、特定の候補を応援するのは、公平中立であるべき、学長のとるべき姿とは考えられない」
 また、「しかるべき対応と取らざるを得ない場合も生じる」「政権与党としても大きな危惧を言わざるをえない」
 上記の件は、教育の政治的中立性は私自身も大変重要としておりますが、しかし巨大な与党として、言うことを聞かなければ圧力をかけるぞと、脅迫の言葉にも聞こえてまいります。
 これに対して、学校側は「勤務時間外に個人の立場で、憲法に保障される思想・信条の自由に基づく行動まで制限されるものではない」と回答されたことは、大いに評価をしております。
 選挙後、嘉田学長のおられる学校に対して、政治的な圧力があってはならないと注目していきたいと考えております。
 
 選挙というのは、お互いが国民のために自由に政策論争し、その中で国民が判断されることが民主主義です。相手を力で押さえつけたり圧力をかけることは、必ず遺恨が生まれ、全く解決にはならないと考えます。

 
 明後日、必ず選挙に行きましょう。
 
    清水 てつじ

 
| 2014.12.12 Friday | 活動日記 |
高島市立高島小学校統合50周年記念式典
 私の母校である高島小学校が、4つの小学校が統合して、今年50周年を迎えました。

 


 小学校3年生の時に、はじめて新校舎を見たとき、当時にはなかった建物で、鉄筋コンクリート3階建てで、大変驚きました。
 小学校は、常に地域と密着しており、小学校が移転することは地域にとって、そう簡単に理解出来るのもではなく、当時の教育委員会や町長(私の父)は地域の皆さんを説得されたと思います。
 それまでの4つの小学校は木造建築で、冬になると隙間風も入って来て寒く、ストーブはだるまストーブで、お叱りを受けますが一番嫌だったことは、トイレがぽっとん便所で、おつりが帰ってくることがいやでした。
いじめ問題においても、いじめる子もいましたが、それを助ける子どももいて、上手くバランスが取れており、子供の喧嘩に親が出るのもではないという風潮がありました。
また、先生は怖くて、職員室まで呼び出されると大変緊張したことを覚えております。
 
 このような話をしても、今の子ども達は理解出来ないと思いますが、久々に小学生の前で、ご挨拶をさせていただき、これから小学生の子ども達が、明るく元気で健やかに成長してほしいと願っております。
 
 50年経過して、同じ市内のマキノ北小と今津西小が、ようやく統合されます。当時よりも格段に生徒数が減少しております。今後、更に少子化が進む状況です。小学校の統合は子ども達のためには必要だと思います。
 保護者や地域の皆さんのご理解をお願い申し上げます。
 
    清水 てつじ
 

 
| 2014.12.09 Tuesday | 活動日記 |
総選挙も終盤戦です。原発問題も争点のひとつです。
 大きく取り上げておられませんが、原発問題も争点のひとつだと思います。特に滋賀県の高島市、長浜市は福井県からも近く、県民の皆様も気になるところです。
 自民党の候補者は再稼働推進、民主党の候補者は2030年に原発をゼロにする、共産党の候補者は即原発を中止、と聞いております。
 福井の原発も建設してから40年以上経過したのも多くあり、福島のことを考えると大変不安であります。産業界においては、電気代のコストが上昇することは大変厳しく、原発を再稼働すべき、また小さい子供さんを持つ母親をはじめ、農業者、漁業者、障害のある方、高齢者の方などから、原発はやめるべきという声があります。

 私自身は、一刻も早く原発に頼らない社会を目指したいと考えます。家庭は省エネが進んでおりますが、企業は電気代のコストが相当上昇しており、経営にも影響が出ているところもあります。
 企業が電気代節約のために設備投資される場合には、国や県は有利な助成金を設定すべきです。そして政府は電力会社に対して、新しいエネルギー研究開発に対する投資をすべきであります。

 日本の科学技術は世界でもトップであり、必ず原発に代わるエネルギーを開発していただけると期待しております。 
 
   清水 てつじ
 

 
| 2014.12.08 Monday | 活動日記 |
総選挙中盤戦から後半戦へ
 衆議院選挙が始まって、初めての日曜日を迎えました。各陣営寒い中ですが、選挙戦は熱くなっております。自民党が300議席に届く勢い、という報道が流れております。安倍さんの突然開催の選挙戦略が上手く行ったのかなと思われますが、あと1週間ありますので、各陣営まだまだネバーギブアップで選挙運動をしてください。
 今朝の新聞報道で、自民党がテレビ各局に、「報道に対する公平中立・公正の確保」という文章を送られたそうです。
 報道各社は常に公平で中立でなければならないし、そのように報道しておられると思っております。しかし自民党は文章で、これらのことを送られたことは、どのような意図があるのか分かりません。ただ、メディアまでコントロールすることは、戦争中の日本の大本営発表という言葉を想い浮かべます。
 
 政治は常に弱者に篤く、それによって強者とのバランスを保ちます。今の安倍総理は、強者には更に強く、弱者には更に厳しくしているように思えます。
 自民党政治は、常に数名の大物議員がおられ、その人たちが牽制し合ってバランスのとれた政治をしておられました。
小選挙区になってから、総理大臣の権限が強くなり、今回300議席以上自民党が確保すれば、これは安倍総理の単独独裁政治が進むようで心配でなりません。
 
 政治は与野党伯仲で、常に緊張感を持った政治体制が必要であり、国会をセレモニー化の場にするのではなく、国会議論によって、場合によっては取り下げたり、否決されたり、修正されるような国会の場でないと、国民の声は反映されないと思います。

 
  国民の皆さん、必ず投票に行きましょう。

 
     清水 てつじ

 
 
| 2014.12.07 Sunday | 活動日記 |
急激な円安で家計を直撃
 選挙戦から初めての週末で、気温も低く肉体的には大変厳しいかと思いますが、国民のために論争しましよう。皆さんのご健闘をお祈り申し上げます
 
 昨日から急激な円安で、1ドル120円を超えました。これは今回の総選挙で自民党が勝利し、安定政権が樹立するであろうという予測が原因だと言われております。
 この円安により家計を直撃し、来年以降値上げラッシュになります。しかも中小企業・小規模事業者にとりましては、資材の高騰などで大変厳しい経営状況に追い込まれると思います。政府は経済対策を行わなければ、多くの中小企業・小規模事業者の円安倒産が起こる可能性があります。まさにアベノミクスの副作用です。
 
 アベノミクスで、雇用が約100万人増加したと自民党は言っておりますが、中身は非正規社員が約160万人増えて、正規社員が約60万人減少したと聞いております。非正規では生活も安定しませんし、これでは結婚も出来ず、さらに人口減少が加速をします。
 人口を増加するには、20代、30代の正規雇用を増やし、安定した生活を送ってもらうことが重要です。
 
   清水 てつじ

 
| 2014.12.06 Saturday | 活動日記 |
「風と土の交藝IN琵琶湖高島2014」に是非お越しください
 県庁で調べものがあり、行きましたところ県会議員はほとんどおらず、静かな状況です。議員各位はそれぞれの選挙区で、選挙活動を頑張っていただいているようです。
 
 恒例の「風と土の交藝IN琵琶湖高島2014」の後半戦が、本日から7日まで開催されます。毎年いろんな工夫をされ、このイベントも根付いてまいりました。




 来訪者(風の人)と、移住した作家(風の人)、地域の作家(土の人)、地域住民(土の人)が、その暮らしや作品を通じて交流し、多くの方に高島の魅力を感じていただくイベントです。

 多くのボランティアの皆さんや地元の企業の協力のもとで、イベント展開をしておられます。
風の人が高島でなりあいが出来、そこで子供さんが生まれ、家族の皆さんが高島の住民になっていただける方が、増えることを願っております。
 
 今晩から雪が降るそうですが、是非多くの皆さんお越しください。
 
     清水 てつじ

 
| 2014.12.05 Friday | 活動日記 |
| 1/154PAGES | >>